性感染症コンジローマを追い出そうと張り切っている男性
性感染症コンジローマを追い出そう!!

性行為にも支障をきたす性感染症は早めに治し、性行為を楽しんでいきましょう。

コンジローマで検査薬を使うと微熱が出る?

微熱になってしまった女性コンジローマはSTDの中でも比較的よく見受けられる症状ですが、放置しているとさまざまな症状が出てくることになるでしょう。
そのため早い段階で検査を受けて治療を行わなくてはなりませんが、この時には「検査薬を使うと微熱が出る」と言われる事があります。
これについては本当なのかと言うと、実際のところ真実とは異なるとして考えて良いでしょう。
と言うのも、そもそもコンジローマの感染有無を確認する検査としては検査薬が用いられることはほとんど無いからです。
検査方法としては検査薬を用いるのではなく直接目で見ての確認や遺伝子検査、組織検査、血液検査といったような方法が選ばれることになります。
コンジローマ検査においてはこれらの方法が最も効果的なのですから、そこでわざわざ検査薬が用いられるということはまず無いと言って良いでしょう。
ただしかし、中にはこうした検査の中で微熱が出るということもあるでしょう。
血液検査にしろ組織検査にしろ、そこでは皮膚を刺激することになります。
それによって皮膚が傷つくと感染症のリスクは当然生じますから、ウイルスや細菌による微熱が絶対に生じないというわけではありません。
またコンジローマはウイルスに感染して発症する感染症であるためにウイルスに対する抵抗力で発熱が生じる可能性はありますし、また治療に用いられる医薬品でも稀ではあるものの発熱の副作用が報告されています。
そのためコンジローマ検査から治療の間で微熱が出たという場合にはこれらによるものか、単なる体調不良によって発生したものかを見極める必要があるでしょう。
とはいえもし明らかに疑わしい、不自然と感じた場合には必ず治療を担当している医師に伝え、診断を受けるようにしてください。