相手にも移してしまう性病というのは様々なものがありますが、中でもコンジローマというのは、いぼのような硬いぶつぶつが出来ます。
原因になるのはウイルス感染で、ヒトパピローマウイルスが性行為により感染します。
コンジローマの薬としてクラビットを処方されますが、基本的にパートナーにも症状がないか一度診察を受けてもらい一緒に治療をすることが好ましいです。
コンジローマの出来る場所ですが、陰茎や会陰、肛門などがあります。
尿道口に出来たものは、赤くぷつぷつと沢山出来て見た目はかなり痛々しく見えます。
亀頭にも出現しまうので適切な治療が必要になってきます。
コンジローマの場合、ベセルナクリームという軟膏が処方されることが多いのですが。
ベセルナクリームジェネリックも通販で購入することが出来ます。
コンジローマが悪化すると、外科的な治療をすることになります。
コンジローマは再発しやすいので数回にわたり手術が必要になる人もいます。
手術は主に電気メスやレーザーで行います。
方法としてはいぼのように冷凍してとる方法もあります。
早期に発見してすぐに治療にかかることがおすすめです。
相手にも移さないようにしっかり治療し、性行為はコンドームを付けるようにしたほうが良いです。
特に男性の亀頭や尿道口への感染はコンドームを付けることによって防止することが出来ます。
男性の方が多いとされているコンジロームですが女性は発見されにくいということも特徴なのです。
再発が多い病気ですので、まずは感染を防ぐことが重要になってきます。
根気強く治療をしていくことになりますが、命に係わるほどの病気ではないのでストレスを感じ過ぎずに、患部を清潔に保ちましょう。

↓性病治療薬について↓
ヘルペス 薬
バルトレックスの効果・副作用
コンジローマの再発を防ぎましょう